読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

エッジオブスパイダーバース #3 スパイダーアーマー編

SPIDER VERSE

f:id:kotobuki_ya:20150406082500p:plain

スパイダーバースイベント前章「Edge of Spider-Man」の第三話スパイダーアーマー編を紹介します。

三つめのお話はハイテクアーマーを着こんだスパイディ。このお話の見どころはスパイダーマンのバリエーションやストーリーもそうなんですが、アーティストのダスティン・ウィーバーが脚本と作画を担当しており、彼独特の世界観を全面に押し出しているというところです。

 

前段:エッジオブスパイダーバース #2 スパイダー・グウェン編 - Children & Weapon Smith

 

アーロン・エイクマン、27歳。

世界に名を馳せるイケガミ医療センターの研究者でもトップを張る若き天才である。

昆虫を研究する彼は蜘蛛のDNAを抽出し、自分の体内に取り込む実験に成功。

それにより得た超人的な肉体と、自身で作成した補助アーマーを纏い

街を駆けるヒーローとなった。ザ・スパイダーマンの誕生である。

 f:id:kotobuki_ya:20150406082612p:plain

 

彼は街の犯罪者だけでなく、様々な超人的なヴィランとも戦うことになる。

元宇宙飛行士が変貌した一つ目の怪人「レッドアイ」、

半身サイボーグの謎の敵「ナームラー」達である。

正体を隠しつつもエイクマンは、科学者として戦った相手を研究し、

アーマーにフィードバックすることで更なる戦いに備えていった。

 

エイクマンには恋人が居た。

イケガミ医療センターのトップ、カオリ・イケガミ博士だ。

彼女には娘が居た。名前をハンナという。

だがハンナは事故により脳の障害を負い、意識を無くしたままになっていた。

アーロンはそんな辛い状況のカオリを傍で支え続けていた。

しかしある日を境にカオリはハンナの話を急にしなくなり、

それと同時にアーロンからも離れて行ってしまった。

 

そしてある晩のこと、アーロンの元に急にカオリが訪ねてくる。

「カオリ……」

「アーロン、お願い。私をどこか知らない場所に連れて行って。

お願い、あなたの助けが必要なの」

しかし、そんなカオリの気まぐれとも思える翻心と突飛な行動に

ついアーロンはハンナの名前を出してしまう。

「娘さんは、ハンナは死んだんじゃないのか?」

その言葉を聴いたカオリはアーロンの元を走り去る。

自分でもまずいことを言ったと一瞬後悔するアーロンだったが、

気を取り直しスパイダーマンとしての活動に集中するのだった。

 

街では以前のナームラーの行動パターンと酷似した誘拐事件が頻発していた。

夜のパトロールを強化していたアーロンはついに誘拐現場に遭遇する。

そこに居たのは何処からか帰ってきたナームラーであった。

f:id:kotobuki_ya:20150406082637p:plain

被害者の女性を救出してナームラーを追うアーロン。

ビルの隙間の路地に飛び降りた瞬間、ヘルメットのリアモニターが警告を告げる。

「リアビューモニタ、後ろか!」

「キサマがこの世界で最強の存在か?キサマに我々の侵攻が止められるか?」

もみ合いながら落ちていく二人。しかし、以前の戦いから強化した

ウェブストリングはナームラーの身体を拘束し捕えることに成功する。

 

ナームラーの顔をみてアーロンは驚愕する。

その顔はナームラーでは無く、以前彼に誘拐された被害者だったからだ。

イケガミ治療センターに入れられたこの男は意識を取り戻すことは無かった。

だが、その体内から出てきた機械を見て驚愕する。

それはかつてアーロンが携わった神経補助装置であり、

彼からカオリに提供されたものだったからだ。

 

全てを悟ったアーロンはスパイダーマンとなりカオリの前に現れる。

カオリは娘を救うためにアーロンの神経装置と補助アーマーの技術で

娘を蘇らせようとした。しかしそれは失敗に終わりハンナは何かに操られるように

誘拐を行い次々と仲間を増やしていったというのだ。

そして街にあふれだすナームラーと同様の半身サイボーグ達。

 

それを聞いたスパイダーマンは街に駆けだす。

出口に差し掛かる時、ナームラーが最後に発した言葉が脳内に蘇る。

「キサマにこの世界が救えるかな……」

スパイダーマンが扉から表に出んとするその時、前に立ちはだかる男が現れる。

インヘリターズのモーランである。

「何者だ!?」

「物語に終止符を打つ者」

f:id:kotobuki_ya:20150406082710p:plain

そして街を跋扈する半身サイボーグのアップで物語は締めくくられる……。

 

エッジオブシリーズ第三話はこれまでと少し毛色の違うお話。

バッドエンド的に締められるお話はこの後のアーロンの敗北を現しているかのようです。そもそもスパイダーバース本編に、このザ・スパイダーマンは見かけなかったわけでして。

やはり面白いのはライターとアーティストを兼ねた作風。独特なコマ割りや表現で目を引くところが多いです。反面やたらとモノローグで話を進めるところや、「インヘリターズの尖兵ナームラー」、「仲間を増やして人間を襲い始める」というこれまでのインヘリターズの設定とはちょっとマッチしない点など気になるところも。

気になる点もありつつも、日本のアニメにも造詣が深いというダスティン・ウィーバーらしく『こんなバイク』も置かれているコマなど、楽しいところではあります。

f:id:kotobuki_ya:20150406082748p:plain

 

 

今回のストーリー掲載の単行本はこちら。

 

Amazing Spider-Man: Edge of Spider-Verse

Amazing Spider-Man: Edge of Spider-Verse

 

その他スパイダーバース関連の単行本はこちらから

スパイダーバースついに決着!?単行本情報まとめ - Children & Weapon Smith

スポンサーリンク