読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

X-MEN: メシア・ウォー #5

MESSIAH WAR

f:id:kotobuki_ya:20150302180059j:plain

X-FORCE / CABLE クロスオーバー『メシア・ウォー』第5話の紹介を行います。

ついにホープの正体を知ったストライフ。ケーブルたちの救出は間に合うのか。

前段:X-MEN: メシア・ウォー #4 - Children & Weapon Smith

 

f:id:kotobuki_ya:20150304191519j:plain

ストライフに抱きかかええられるホープを見てウォーパスの怒りは頂点に達します。

拘束具を引きちぎり飛び掛るウォーパスはストライフに猛然と殴りかかりますが

強力なテレキネシスで吹き飛ばされ気を失ってしまいます。

しかしその隙を狙って、今度はビショップがストライフにブラストを撃ち込みます。

倒れたストライフを踏み越え、ホープの首根っこを掴みあげる。

だが、またもや寸でのところで気がついたストライフに阻止されます。

巨大な義手も粉々にされ、今度こそ昏倒するビショップであった。

 

その頃ドミノ達捜索隊は止まらないデッドプールのお喋りに限界が来ていた。

「デッドプール、いい加減黙らないとその舌切り落とすよ」

X-23が凄みます。

「いや、俺とベロちゃんは仲良しでね(小声)」

「お前本当に懲りない……う、うえぇ」

バニッシャーの突然の嘔吐はタイムデバイスの有効期限が近づいている事を示していた。

捜索を急ぐ一向。

そんなおりドミノが一つの建物を見上げて声をあげます。

「シップ!アポカリプスの船がこんなところに」

セレスティアルズの都市の中でも一際技術力が高いと思われる船内を探索するドミノ達。

そんな中、突然デッドプールが声をあげます。

「ニーナ!ニーナ!ニーナ!ニーナ!!」

「ウェイド、いい加減黙って」

「タイムトラップを破壊して元の時間に戻るんでしょ。ダメだって!

ストライフは皆殺しにしたがってるんだから、そっち行っちゃダメだって!」

「あんた、さっきから何言ってるの!?」

「いや、だから俺ってストライフと思考リンクさせられてるからあいつの考えがわかるんだって!

いきなりの衝撃発言に驚愕する一向。

やはりこちらの動向はデッドプールを経て筒抜けだったのです。

当然、ケーブル達がストライフの元に向かっていることも伝わっています。

 

そのストライフはホープを膝に抱き、悠々とケーブルの到着を待ちます。 

そして遂に現れたケーブルはストライフに対峙します。

f:id:kotobuki_ya:20150304191550j:plain

テレパシーによる精神攻撃と銃撃を組み合わせるケーブルに対し、

テレキネシスで対抗するストライフ。

一対一の勝負はストライフに分があるように見えた。

しかしケーブルの攻撃は彼の目をひきつける囮でしかありませんでした。

背後から忍び寄ったウルヴァリンがストライフに切りかかる。

さらにエリクサーがデスタッチで彼の首筋に触れることに成功します。

勝利に見えたウルヴァリン達だったが、ストライフは倒れません。

まずテレパシーでウルヴァリンを操り、自分自身の眼をクローで指し貫かせます。

さらにエリクサーを操って彼のヒーリング能力でデスタッチを無効化します。

まさに最強ともいえるストライフの前にケーブル達の奇襲は失敗に終わってしまいます。

f:id:kotobuki_ya:20150304191606j:plain

 

洞穴では一度はアポカリプスの懇願の前にアークエンジェルが悩んでいた。

弱りきったアポカリプスは適者生存の理に乗っ取って

強者であるアークエンジェルに自分を殺してくれるよう頼んでいた。

アークエンジェルは彼の望みを一切聞くことはせず自身の金属羽根を手渡す。

「俺はあんたの道具じゃないんだ。ひとりの人間だ。

生きるも死ぬもお前の好き勝手にするがいいさ」

その場から立ち去ろうとしました。

「儂は死をもたらさんと貴様を呼んだのだ。

だがこのようなことしかできぬのなら死はまだ遠いな」

なんとアポカリプスは受け取った羽根からエネルギーを吸収し急激に回復します。

「ホースメンよ。真の強者はたとえ死に瀕していてもその強さは失わん。

強さと弱さが同時に存在していたのだ。

行くぞ、愚かなる息子ストライフを生かしてはおけぬ」

 f:id:kotobuki_ya:20150304191618j:plain

 

 

圧倒的な強さを見せつけるストライフに対し遂に復活してしまったアポカリプス。最終決戦に向けて役者がそろってきました。

デッドプールの突然のカミングアウトはこれまでの台詞にもそれを匂わせるキーワードが有ったのかも知れませんが、上手く本文に組み込めていませんでした。ただ、本当に唐突に言い出したので読んでるこちらも混乱したところです。

ちょっと面白かったのがシップを見つけたときのドミノとX-23のやり取り。

ドミノ「シップ!」

X-23「シップって?」

ドミノ「プロッシュ……じゃなくてグレイマルキンっていって……

えーっと、私もブラックスミスに聞いただけだから……」

X-23「ブラックスミスって誰?」

ドミノ「もういいわ。忘れて」

 

 

<登場キャラクター>

ケーブル、ホープ

ウルヴァリン、X-23

ウォーパス、アークエンジェル

ドミノ、エリクサー、バニッシャー

ビショップ、ストライフ

アポカリプス

X-Force / Cable (X-Force/Cable)

X-Force / Cable (X-Force/Cable)

  • 作者: Craig Kyle,Christopher Yost,Duane Swierczynski,Ariel Olivetti,Clayton Crain,Mike Choi
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2010/01/06
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク