読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

アベンジャーズ & X-MEN: アクシス 単行本情報まとめ 前編

昨年末のクロスオーバーイベント「AVENGERS & X-MEN: AXIS」。本サイトであらすじ紹介してからずいぶん経ちますが、ここ5月に入り周辺タイイン誌も含め単行本が出そろってきました。

今回は前後編に分けてこれらタイイン誌も含めた単行本情報をまとめたいと思います。各見出しについている話数はアクシスタイインのもので、TPBに収録されている話数ではない点ご注意ください。

Avengers & X-Men: Axis

Avengers & X-Men: Axis

  • 作者: Rick Remender,Adam Kubert,Lienil Francis Yu,Terry Dodson,Jim Cheung
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2015/03/17
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Captain America #24

主な登場キャラクター: ファルコン、アーニム・ゾラ、スティーブ・ロジャース 

アクシスイベントロゴは掲げているものの繋がりは薄く、レッドスカルがジェノーシャで行動を開始したのに合わせてアーニム・ゾラも動き出したという程度の物。アクシス情報よりもキャップ誌としてのクライマックスが見どころで、老いて動けなくなったスティーブを置いてアイアンマン、ソー、ファルコンがアッセンブルするシーンは魂が震えます。

Captain America Volume 5: The Tomorrow Soldier (Marvel Now) (Captain America: Marvel Now)

Captain America Volume 5: The Tomorrow Soldier (Marvel Now) (Captain America: Marvel Now)

 

 

Uncanny Avengers #24-25

主な登場キャラクター:ハボック、ローグ、スカーレット・ウィッチ、S-MEN

本サイトでも既に紹介済みのアンアベ誌。アクシスは実質このアンアベの続きとなっているので関連度は高いです。本TPBにマグニートーの9/10話も収録されているため重複には注意です。

Uncanny Avengers Volume 5: Axis Prelude (Marvel Now)

Uncanny Avengers Volume 5: Axis Prelude (Marvel Now)

  • 作者: Rick Remender,Sanford Greene,Salvador Larroca,Paul Renaud,Daniel Acuna
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2015/01/20
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Deadpool #36-39

主な登場キャラクター:デッドプール、ジェネシス

アクシス1部でマグニートーがヴィランを誘いに来るシーン、2部で反転して悪堕ちしたX-MENとの対決、3部終了後で元の姿に戻ったジェネシスとデッドプールの逃走劇など、実は一番幅広くアクシスに関わっているのが本誌。しかし内容はデッドプール目線というかデップー誌のノリなので本編との矛盾はスルーしましょう。それでもやっぱりジェネシスとデップーのやり取りは良い雰囲気。

Deadpool Volume 7: Axis

Deadpool Volume 7: Axis

 

 

Loki: Agent of Asgard #6-9

主な登場キャラクター:ロキ、ソー、Dr.ドゥーム

アクシス前哨戦として描かれているのはラトベリアを舞台にした実質ドゥームが主人公のストーリー。欺瞞の神様はわざわざ外国まで行って何をしてるのでしょうか。その他反転して放蕩の限りを尽くすソーとの絡みや、最終決戦でムジョルニアを持って対決するシーンのB面エピソードなども。

Loki: Agent of Asgard Volume 2: I Cannot Tell a Lie (Loki Agent of Asgard)

Loki: Agent of Asgard Volume 2: I Cannot Tell a Lie (Loki Agent of Asgard)

 

 

Magneto #9-12

主な登場キャラクター:マグニートー、プロフェッサーX

アクシス開始前、ジェノーシャに乗り込んで敵に捕まるところから始まるマグニートーのタイイン。アクシス本編ではあまり描写されていない「プロフェッサーXの精神との対話」が多く盛り込まれいるのがポイント。逆にここと本編以外ではほとんどプロフェッサーXの言葉は出てきていないようにも感じます。

Magneto Volume 2: Reversals

Magneto Volume 2: Reversals

  • 作者: Cullen Bunn,Javier Fernandez,Gabriel Hernandez Walta,Roland Boschi
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2015/02/03
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Nova #23-25

主な登場キャラクター:ノヴァ、クルー、アベンジャーズ

ハルクが反転し、クルーとなって街で暴れているところに単身立ち向かっていく若きノヴァことサム・アレキサンダー。ボロボロになって戦う姿もさることながら、その次の話でアベンジャーズマンションに呼び出されメンバーとして認められる話がそりゃあもう良いの一言。

先代ノヴァ、リチャード・ライダー。サムの父、ジェス。そして今のノヴァ、サムと三人のノヴァの紹介から始まって、サムの心情を描写しながらもマンションで温かく迎え入れるアベンジャーズの面々が心温まる一遍。

Nova Volume 5: Axis

Nova Volume 5: Axis

 

 

 

Superior Iron Man #1-3

主な登場キャラクター:アイアンマン、デアデビル、ティーン・アボミネーション

実はAXISロゴが付いていないのでタイインとは言えないのかもしれないのですが、マーベル公式サイトでアクシスイベントを表示するとリストに含まれているので掲載。内容はトニーと同じくサンフランシスコに居を移したデアデビルとの対立。デアデビルはジェノーシャの決戦に行っていないので反転していません。並行して街に現れた若きアボミネーターとアイアンマンの交流を描きます。

Superior Iron Man: Infamous Vol. 1

Superior Iron Man: Infamous Vol. 1

 

 

 

本サイトでのアクシス紹介はこちらから。

koto-bukiya.hatenablog.com

スポンサーリンク