読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

エッジオブスパイダーバース #5 SP//dr 女性操縦士編

 f:id:kotobuki_ya:20150416084249p:plain

「Edge of Spider-Verse」第五話の紹介です。ミニシリーズとしてのエッジオブスパイダーバースはこれでおしまいですが、スパイダーバース前章としてのエッジオブ~イベントはもうちょっとだけ続きます。このややこしさがアメコミの醍醐味ですね。

今回はスパイダーバース公開当時も話題になりましたSP//dr登場編です。あんな人やこんな人も出てきます。

前段:エッジオブスパイダーバース #4 怪奇!蜘蛛男編 - Children & Weapon Smith

 

Earth-TRN451。とある組織で開発された蜘蛛と人間のハイブリットアーマー「SP//dr」の稼働試験が行われていた。

しかし試験は失敗。アーマーもろとも操縦士の男性は高高度で爆発してしまった。

だが男性には一人の娘が居た。

彼女の名前はペニー・パーカー。

まだ9歳の少女である。

「ペニー…私はあなたの叔母にあたるメイというの。こっちはベン」

「君のお父さんはとても優秀な方で、我々にとっても……」

「知ってるよ。お父さんはSP//drだったんでしょ。そして死んじゃった」

とりつくろうような二人の言葉をさえぎって少女は言う。

「…ペニー、とても辛いところだとは思うけれど良く聞いて。

あなたにはお父さんの意志を継いで欲しいの。

唯一の適合者であるあなたに」

大人のエゴを意にも介さずペニーは答える。

「嫌って言っても無駄なんでしょ?それよりSP//drは私を受け入れてくれるのかな…?」

一見、冷静に見える彼女だったが、その眼の中には一匹の蜘蛛の幻影が映っていた。

 

5年後。

街に現れた大怪球はガスをまき散らしながら人々を苦しめていた。

「混乱こそ我が作品!愚民どもよ死を受け入れよ!!」

その様子をビルの上から見つめる巨体があった。

「ペニー、準備はいい?

奴の名前はミステリオ、神経性のガスを散布しながら移動してるわ」

赤い巨躯はかつてペニーの父を奪ったSP//drだ。

f:id:kotobuki_ya:20150416084338p:plain

「ガスって、フィルターは大丈夫なの」

「装甲が守ってくれるわ。でもインジケーターには注意していてね」

ペニーはSP//drを受け入れ、操り、自分のものにしていた。

手首からスリングを飛ばして街に降りていくSP//dr。

f:id:kotobuki_ya:20150416084358p:plain

「それはそうと今晩の夕食はチキン・チッカでどう?」

「メイおばさん、あたしここのところ菜食主義なのよ」

SP//drが大怪球に接触する。

「そうだっけ、わかったわ。それじゃ作戦の後で」

大怪球に飛び込んだSP//drはミステリオに対峙する。

「お前はSP//dr!ここはお前のようなデカブツが入ってくる場所じゃない」

そういうと手首からガスを直接浴びせかける。

 

「SP//dr、フィルターの許容範囲をオーバーしています!」

「ペニー、そのガスから離れて!脳に作用する神経ガスよ!」

オペレーションルームがにわかにざわめき立つ。

ガスを浴びたペニーの目にはバケモノのような姿のミステリオと

蜘蛛のような姿になったSP//drが映っていた。

しかし蜘蛛の幻影には慣れているペニーはそのままミステリオを

一撃でK.Oすると大怪球を停止させるのだった。

 

ペニー・パーカーは普段は学校に通う普通の14歳である。

今日も数学の講義を聞きながら、つい目は窓の外に向かってしまう。

耳を通り抜ける講師の言葉。手を這う赤い蜘蛛。

「おい聞いてるのか?ペニー・パーカー!?」

気が付くと檀上には講師の横に男が立っていた。

街を守るビジランテ、デアデビルだ。

「彼が君に用があるということだ」

 

ミステリオから得た情報で、非合法な連中のガサ入れに行くことになった

デアデビルとペニー。

f:id:kotobuki_ya:20150416084428p:plain

道すがらペニーは父の事を尋ねる。

「D…お父さんってどんな人だったの」

「そう、あの人は多くは語らない落ち着いた人だった。

だからと言って冷徹な人ではなかった、君が寂しく思うのと同じように

彼も寂しがってたのだとも思うよ。そんな人間だったさ」

デアデビルもまた多くは語らないのであった。

 

「上だぁ」

死角から犯罪者の巣に降り立った二人は、

武器を持った十倍の人数にも引けを取らなかった。

たちまち20人以上のギャングを捕えたペニーだったが、

頭にあるのは先ほどの父の話だった。

「こういうのってお父さん嫌がらないかなあ」

「いいや、きっと喜ぶんじゃないかと思うぞ」

 

SP//drを回収班に預け、ペニーは地下鉄で家路に着く。

そんな車内が急にざわめきだし、乗客が後方に走っていく。

車両の前方を見ると……豚が居た。

まるでスパイダーマンのようなその豚はペニーに話しかける。

「驚かせちまったかもしれないなあ」

その後ろから壮年の雰囲気を持つ、こちらもスパイダーマンが現れる。

「ハム、お前が前に出ると騒ぎになるんだよ」

「連中が騒ぎすぎなんだよ。なあ、どうしたらもっと人気者になれると思う?」

「ちょ、ちょっと待ってよ!」

わけのわからない連中の登場に混乱するペニー。

f:id:kotobuki_ya:20150416084459p:plain

「私たちは追われているのだ、我々全員がな」

「我々?」

「そう、スパイダーガール、スパイダーボーイ、スパイダーピッグ、ドッグ、

何でもだ。追い詰められ、殺されてるってのよ。

お前さんもその内の1人ってことだ」

にわかに信じられない話、ではあるが信じるしかないペニーは

SP//drの元へ二人を案内し、アーマーを装着する。

「おお、こりゃ凄えな。ハードコアな世界だ」

「じきにゲートが開く…」

「ちょっと騒々しくなるぜ」

スパイダー・ハムが脅しをかける。

「ううん、大丈夫だから」

SP//drとスパイダー・ハム、スパイダーマンの三人はゲートに飛び込んでいく。

「いっちょやってやろうぜ!」

f:id:kotobuki_ya:20150416084515p:plain

 

SP//drの登場から異世界スパイダーマンの登場まで描き切っているため、後半がやや駆け足気味なものの、SP//drの世界観が堪能できる一遍となっております。

やはりまず目を引くのがそのアート、というかSP//drのデザイン。エヴァンゲリオンをモチーフにしつつ、しっかりとスパイダーマンにしているところが素晴らしいですね。やや手長、猫背、巨躯、この要素でスパイダーマンのようにウェブスイングで駆ける姿はかなり新鮮に映ります。

 

【おまけ】

既に有名になっているペニーが学校で授業を受けているこのシーン。

 f:id:kotobuki_ya:20150416084553p:plain

あの4人が居ますね。

それよりも驚いたのがその前のページ。

 f:id:kotobuki_ya:20150416084605p:plain

天を衝くドリルの彼もクラスメートだったようです。

前の席の女の子は誰だろう?

容姿だけだとダーティー・ペアのケイに見えるのですが…。

ガイナックス系でこのようなキャラが居るのでしょうか。

 

【おまけ2】

「素子ぉ!!」

f:id:kotobuki_ya:20150416084625p:plain

「デコスケがぁ!!」

f:id:kotobuki_ya:20150416084638p:plain

 

 

エッジオブスパイダーバースの単行本はこちら

Amazing Spider-Man: Edge of Spider-Verse

Amazing Spider-Man: Edge of Spider-Verse

 

 

その他スパイダーバース関連のストーリー/単行本紹介はこちら

koto-bukiya.hatenablog.com

スポンサーリンク