読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

邦訳版ホークアイvs.デッドプール感想

HAWKEYE DEADPOOL

f:id:kotobuki_ya:20160804060842p:plain

邦訳版ホークアイvs.デッドプールの紹介です。

既に購入されて読まれている方も多いかと思われますが、リハビリのつもりで感想を。

 

 

全てはハロウィンの夜から始まった

f:id:kotobuki_ya:20160804052937j:plain

ハロウィンの夜、”常人ヒーロー”ことクリント・バートン a.k.a. ホークアイもウルトロンのコスプレをして子供たちの相手をしていた。

 

f:id:kotobuki_ya:20160804053224j:plain

そこへやってきたのは”饒舌な傭兵”ことウェイド・ウィルソン a.k.a. デッドプールとその仲間達。ちなみにデップーが着てるのは、80年代の名作映画「ゴーストバスターズ」のコスチューム。

 

そんなデッドプールが集めているお菓子の中に、ハッカーであるエルスデンがUSBメモリを紛れ込ませるところから物語は始まる。

 

USBを狙うのはブラックキャットとDr.ラスク(今回のみ登場のオッサン博士)、それに協力するタイフォイド・マリー。

 

HAWKEYE vs. DEADPOOLとは言うけれど…

物語の後半でチームアップするのはデッドプールと「もう一人のホークアイ」ことケイト・ビショップ。

 

筆者的にはケイトが活躍してくれる方が嬉しいのであります。が、デッドプールに協力することなんて「胸に刺さったナイフを抜いてくれ」とかそんなことばかり。お嬢様なケイトにはちょっときついかも。

f:id:kotobuki_ya:20160804054022j:plain

容赦なく「アンタ、キモい」な顔をするケイトw。

 

 

クライマックスではデップー、ホークガイ、ホークアイの三人そろってチームアップ。見事な連係プレーで事件を解決します。

f:id:kotobuki_ya:20160804054514j:plain

 

現在邦訳が続いているマット・フラクションの「ホークアイ」シリーズのネタが含まれているため、そちらを読んでいる方がより楽しめるということもあります。が、そこは邦訳本の親切なところ、解説ペーパーでしっかりフォローされています。

 

私も、本作を読む前は「デッドプール人気に当て込んで、こんなのも邦訳するのか…」と思っていた。ですが、上記のようにフラクションのシリーズからの引用もあり、デッドプールが好きな人も、ホークアイが好きな人にもお勧めできる作品となっております。

 

【登場キャラクター】

ホークアイ(クリント・バートン)、ホークアイ(ケイト・ビショップ)、

デッドプール、ブラックキャット、タイフォイド・マリー、

エージェント・プレストン、エージェント・アドシット、

(エージェント・マイケル)

 

 

【おまけ】

f:id:kotobuki_ya:20160804055657j:plain

ハロウィンの夜の出来事だけに、いろんなヒーローのコスプレした雑魚キャラが出てきて楽しいです。白色コスのアイアンフィストなんかも。

スポンサーリンク