読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

敵か味方かホワイトフォックス

f:id:kotobuki_ya:20140929155938j:plain

先日、秋から開始されるデッドプール#1のプレビューを紹介しましたが、こちらに登場していた女性キャラがなにやら面白い経歴でしたので紹介したいと思います。

koto-bukiya.hatenablog.com

 

先の記事では「初出のキャラ」などと書いてしまいましたが、調べてみるとそうではなく、マーベルが昨年秋に韓国に向けて公開したWEBコミックに端を発したキャラクターのようです。

 

コミックのタイトルは「アベンジャーズ: エレクトリック レイン(Avengers: Electric Rain)」。韓国では一般的な「縦にスクロールさせて読む」タイプのコミックとして2014年10月に公開されました。

www.comicbookresources.com

 

内容はタイトルの通りアベンジャーズが登場するもの、その中で本コミックのオリジナルキャラクターとして登場したのが、このホワイトフォックスのようです。

f:id:kotobuki_ya:20151027003828g:plain

 

韓国のコミック事情には明るくないのですが、ちょうどこの2014年10月頃は映画「アベンジャーズ: エイジ・オブ・ウルトロン」の公開半年前であり、アジアロケ地として韓国が選ばれたと話題になった後でもありました。そんな背景もあってか、マーベルの韓国向け展開に力を入れていた時期なのかもしれません。

 

データベースによると本コミックは並行世界Earth-TRN515を舞台とした物語のようで、そのキャラクターがどのようにしてデッドプール#1の舞台である(おそらく)Earth-616に登場するのでしょうか。

f:id:kotobuki_ya:20151027003945j:plain

(追補: Earth-TRN515の「TRN」とは「公式では不明なEarth番号に付ける記号」のようでした。ここでは「616では無い別の世界」くらいの意味で読んでいただけるようお願いします。)

 

また、さらに最近発行されたオールニュー, オールディファレント マーベルタイトルの一つ「コンテスト オブ チャンピオンズ」の第一号にもこのホワイトフォックスは登場している模様。こちらは様々な世界から集められたヒーローが集められて戦いを繰り広げるという内容なので、他世界のキャラクターがどれだけ出てきても不思議では無い設定となっています。

f:id:kotobuki_ya:20151027003748j:plain

 

ちなみに、この「コンテスト~」はスマートフォン向けのゲームとして配信されている対戦ゲームのタイトルでもあり(日本では「マーベルオールスターバトル」というタイトルで配信)、コミックの方もこちらのコミカライズといった色が強くなっている模様。このことから逆方向にホワイトフォックスがゲームに登場、なんてこともあるかもしれません。

 

このキャラクターに限らず、イスラム圏の人種が主人公となったMs.マーベルなど、マーベルコミックとしては国際色を豊かにしていこうとする姿勢が見えているところ。 

これからも国を超えてマーベルコミックに新しい息吹が取り入れられることに期待です。

スポンサーリンク