読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

デッドプールの転換点を語る10のエピソード!トゥルービリーバーシリーズ

f:id:kotobuki_ya:20151025072107j:plain

マーベル公式にてデッドプールのトゥルービリーバータイトルを10冊発売することが発表されました。今回はそちらを紹介したいと思います。

marvel.com

 

「トゥルービリーバー」とは過去のリーフを1ドルの低価格で再販する企画で、これまでも多くの#1イシューが再び店頭に並んできました。

 

今回はその一環としてデッドプールに関する#1イシュー、もしくは転換点となるイシューを10冊同時に発売するという事です。いまやマーベルの稼ぎ頭となったと言っても過言ではないデッドプール。その人気を現しています。

 

本記事ではその10イシューを紹介しつつ、デッドプールの転換点も振り返ってみたいと思います。

 

デッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072121j:plain

まずはデッドプール初登場のニューミュータンツ#98。本ブログでも何度も紹介しているタイトルです。この号はライターのニシーザとアートのライフェルドがこれからの新展開として新たに3人のキャラクターを同時に登場させた回。大物ヴィラン風のギデオン、謎の味方ドミノ、そして暗殺者デッドプール。この三人の中では一番バックボーンの無い、ある意味モブ的なキャラクターだったと言われています。

 

デッドプール オリジン #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072135j:plain

次いでウルヴァリン オリジン#25から。オリジンなどと銘打ってますがデッドプールの出自に関わる話ではありません。その上内容はディープエンド編の最終話、いきなりストーリーの大詰めから始まりますので混乱すること間違いなしです。

 

ディテクティブ デッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072142j:plain

続いてはケーブル&デッドプール#13。ケブデプ誌の舞台プロヴィデンスで殺人事件発生。探偵気取りで捜査に乗り出したデッドプールだったが事件は思わぬ方向へ。この後のブラックボックス編に繋がるエピソードで、この前のエピソードでケーブルが弱体化していることを抑えないと何が何やらな感じです。

 

アンキャニー デッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072149j:plain

同じくケーブル&デッドプール#38より。この号はちょうどケーブルがX-MEN誌に移動してしまい、ケブデプ誌がリニューアルするところ。デッドプールはプロヴィデンスを離れ傭兵事務所エージェンシーXに居つくことになる。そしてエージェントXやハイドラのボブも再登場し、この体制で半年ほど連載を続けることとなります。

 

グルービー デッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072157j:plain

そして時代は飛んでデッドプール(2012)#13。1977年を舞台にグルービーな時代のデッドプールを描いた過去譚となっている。当時の雰囲気のルーク・ケイジ&アイアンフィストとチームアップしており、印刷かすれなども再現したパロディ編かと思いきやこの後に登場するデッドプールの娘の伏線がきっちり仕込まれている重要ストーリーとなっています。

 

ミーティー デッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072204j:plain

こちらはダークレイン期のデッドプール(2008)#11。ダークアベンジャーズのホークアイ(ブルズアイ)に狙われたデッドプールは肉屋に逃げ込む。ホークアイの弓矢を防ぐためにデッドプールがとった対策は……肉の鎧!?前編ナマモノ感があふれるちょっとグロテスク編。

 

ウェディング オブ デッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072214j:plain

お馴染み「デッドプールの結婚」として知られるデッドプール(2012)#27。サキュバスの女王シクラーとの結婚に多くのヒーローが祝福に駆けつけます。最近邦訳が発売されたマーベルナウ!期のデッドプールですが、ここまで刊行してくれると嬉しいところです。

 

デッドプール ミュージカル #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072221j:plain

そしてデッドプール(2008)#49.1。ポイントワンイシューということで元々新規読者向け号。今回のトゥルービリーバーにもマッチしてます。タイトルの通りミュージカル仕立てで今までのデッドプールの活躍を描く内容、先に挙げたウルヴァリンオリジンのストーリーや、邦訳されたスパイダーマン&ヒットモンキーのシーンもあり、有名な「メイド服デッドプール」も再登場しています。

 

デッドプール ヴァリアント #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072228j:plain

なんとも正体不明なタイトル。これだけは収録タイトルが記載されておらず、画像もウェブオブスパイダーマン誌のデッドプールヴァリアントカバーの物。ひょっとして、様々なタイトルからデッドプールヴァリアントの表紙を集めた物になるのでしょうか。詳細不明。

 

イビルデッドプール #1

f:id:kotobuki_ya:20151025072237j:plain

最後はデッドプール(2008)#45からイビルデップー登場編。これまでに吹き飛ばされたデッドプールの腕や頭の破片を繋ぎ合わせたことで誕生したのは邪悪なデッドプールだった。両腕が右手のこのキャラクターはデッドプールの歴史を語る上で良く登場するものの、最近は再登場が無いお方。典型的な悪のアバターということでいつしか出番もあるかもしれません。

 

 

グルービーデッドプールも収録されている最新邦訳版。発売は12月。

デッドプールVol.3:グッド、バッド・アンド・アグリー(仮)

デッドプールVol.3:グッド、バッド・アンド・アグリー(仮)

  • 作者: ジェリー・ダガン,ブライアン・ポゼーン,スコット・コブリッシュ他,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

こちらは先日発売したばかりの第一巻。デッドプールvs.歴代大統領!

デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント (ShoPro Books)

デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント (ShoPro Books)

  • 作者: ジェリー・ダガン,ブライアン・ポゼーン,トニー・ムーア,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

スポンサーリンク