読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

アントマン #1-5 【セカンド・チャンスマン邦訳記念】

映画公開に先駆けて8月29日に発売される「アントマン セカンドチャンスマン」の紹介をしたいと思います。原書も2015年に発売されたばかりの最新作が早くも邦訳で登場です。

以前の紹介記事はこちら

koto-bukiya.hatenablog.com

 

第1話

アントマンことスコット・ラングはヒーローである。ハンク・ピム博士が開発したピム粒子とそれを操る特殊スーツで身体の大きさを自在に変えて戦うヒーローだ。

しかしそんなヒーローにも悩みがある、離婚して離れ離れになってしまった娘キャシーと自由に会えない事。そして大手を振って彼女に会えるような職に就いていないことだった。

まずは定職に就くことが大事と考えたスコットはスターク・インダストリーに面接に行く。しかし緊張から面接はボロボロ。スーツ(背広)を持っていないのでスーツ(アントマンスーツ)で行ってしまうし、履歴書の空白欄を聞かれて面接官を絶句させてしまうし。

「この期間は何も書いていませんがどうされていたのですか?」

「死んでいました」

「は?死んでた!?」

「そう、死んでました」

f:id:kotobuki_ya:20150819083222p:plain

そんな彼にトニー・スタークが助け舟を出す。警備部門に配属する特殊能力者をテストするというのだ。採用テストに現れたのはX-MENのプロディジー、アンドロイドのビクター・マンチャ、そして女ビートル。

果たしてスコットは合格できるのか……。

 

第2話

娘キャシーに合わせてマイアミに移り住んだスコットは一念発起して自分の会社を立ち上げる。その名も「アントマン セキュリティーソリューション」。

f:id:kotobuki_ya:20150819083241p:plain

早速地元銀行に融資を申請に行くも、ヒーロースーツで現れた男に金を貸す銀行は無かった。しかし、その銀行に保管されていた「ナチスの金塊ロボット」が暴れ出したことをきっかけにアントマンは大活躍。その事を銀行頭取に認められ、見事融資を受けられることとなったのであった。

銀行の融資を元に事務所を開いたスコットだったが、そこへ熊型スーツを纏ったヴィラン グリズリーが扉を破って入ってくる。

「アントマン!刑務所に入れられていた18ヶ月何を考えていたかわかるか!?」

「ゲフ!アナ・ケンドリックのこと?」

「貴様のことだ!あのシージでの裏切り以来、

お前を痛めつけてやることばかり考えて過ごしてきたんだ!」

「し、シージだって?」

「そうだ、忘れたとは言わせねえぞ!」

「それ、別のアントマン……。その時俺は死んでたんだって!」

「……マジで?」

「マジだって、ググってみろよ」

果たしてアントマンとグリズリーのバトルや如何に。

 

第3話

”アントマン セキュリティソリューション”最初の仕事は倉庫の警備。そこに現れたのはスコット・ラングのアークエネミー タスクマスター!

f:id:kotobuki_ya:20150820190332p:plain

自ら立ち上げたスマホアプリで仕事を募集したタスクマスターはアントマンを圧倒するもとどめを刺さずに去っていく。

「娘さんに一言謝っておいてくれ」

タスクマスターのツンデレが冴える!

一方、スコットの娘キャシーに迫るクロスファイアの魔の手。

タスクマスターとクロスファイア、果たして二人の背後に居る黒幕とは!?

 

第4話

Dr.ゾンドハイムをさらってきたアウグスティン・クロスの目的は、アントマン最大のアークエネミーでもある父ダレン・クロスの復活にあった。

これに対抗すべくアントマンはグリズリーの伝手を頼ってあるヴィランに助力を求める。その名は……マシンスミス!

f:id:kotobuki_ya:20150819083324p:plain

だがそのマシンスミスは子供の誕生日に悪人役で呼ばれたところ「ハイル、ハイドラ!」と叫んでしまい、報酬を半分に減らされる窮地に陥っていた。

 

第5話

アントマンとクロス親子の最終対決。これはもう何を書いてもネタバレになってしまいますので紹介は控えます。スコットとキャシーの親子の絆はこの困難を乗り越えられるか。

 

 

以上、「アントマン セカンド・チャンスマン」のあらすじ紹介でした。

ライターのニック・スペンサーはスパイダーマンの悪役が集うコメディ佳作「ザ・スーペリアー フォーズ オブ スパイダーマン」も務めた経験もあり、セリフの一つ一つに面白さが込められているタイプの作家。ぜひ日本語版で一字一句漏らさず読んでみて欲しい作品です。

 

オリジンストーリーから始まる映画版とは直接繋がるものではない本書ですが、たくさんの笑いと、ちょっとほろっとする親子愛がお勧めの良作です。

アントマン:セカンド・チャンスマン

アントマン:セカンド・チャンスマン

  • 作者: ニック・スペンサー,ラモン・ロザナス,御代しおり,石川裕人
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2015/08/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

スポンサーリンク