読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Children & Weapon Smith

MarvelComics(主にX-MEN)の紹介をしているブログ

AVXタイインまとめ: X-MEN前編 【AVX:アベンジャーズ VS X-MEN 発売記念】

AVX

5月末に邦訳版が発売されました「AVX:アベンジャーズ VS X-MEN ROUND1」。今回はその周辺誌、いわゆるタイイン誌を紹介したいと思います。

AVX:アベンジャーズ VS X-MEN ROUND1

AVX:アベンジャーズ VS X-MEN ROUND1

  • 作者: ブライアン・マイケル・ベンディス,ジェイソン・アーロン,エド・ブルベイカー,ジョナサン・ヒックマン,マット・フラクション,ジェフ・ローブ,エド・マクギネス,フランク・チョウ,ジョン・ロミータJr,御代しおり
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 AVXはここ10年間で見てもマーベルユニバースでは最大規模のクロスオーバーとなっております。タイトルのとおりアベンジャーズとX-MENがぶつかり合うこのクロスオーバーはアベ系タイトルとX系タイトルがほぼすべてタイインしており、その数は50冊以上にもなっていました。

今回の記事では邦訳版に収録されている第5話までに関連するタイインをタイトル別に紹介していきたいと思います。

また、これらタイインは原書発表時の2012年の時点で、アメコミ関連ブログ「MONDOCOMICS」様にて既に行われております。言ってしまいますと本記事よりもさら詳細にその内容を紹介しているので、さらに詳細を知りたい方はこちらもご覧ください。

MONDOCOMICS ブログ アメコミを読もう! アベンジャーズ VS X-MEN(Avengers Vs. X-Men) アクト1 記事リスト

 

WOLVERINE AND THE X-MEN #9~11

f:id:kotobuki_ya:20150602070020p:plain

#9はキャプテン・アメリカがジーングレイ学園を訪れウルヴァリンと対話。結果、ウルヴァリンは生徒を守るためにこそアベンジャーズ側に付くことを決意する。#10はそのカウンターか今度はサイクロップスが学園を訪れる。AVXとは直接関係ないがアポカリプスの生まれ変わりエヴァンと元ホースメンのエンジェルの会話が興味深い。#11はウルヴァリンとホープの対話編。

f:id:kotobuki_ya:20150602070044p:plain

本誌はそのタイトル通りウルヴァリンの心情にフォーカスを当ててエピソードを重ねている。アベンジャーズとX-MEN、ユートピアとジーングレイ学園、そしてホープ。様々な立場を掛け持つウルヴァリンらしく、多様な角度から考え方が描かれます。

 

Wolverine & the X-Men by Jason Aaron - Volume 2

Wolverine & the X-Men by Jason Aaron - Volume 2

 

 

UNCANNY X-MEN #11~13

f:id:kotobuki_ya:20150602070102p:plain

#10以前から続いていた機械生命体「ユニット」とのストーリーを継続しつつも、X-MENメンバーとアベンジャーズの戦いを描く。
ユートピアに捕獲されたユニットはデンジャー、ホープ、そしてライツの四人とそれぞれフェニックスについては話し合う。数十億年にわたり様々な惑星を監視していたユニットにとってフェニックスの到来は今までにも経験したことのある物だった。ユニットは、ライツとは適合者がフェニックスを受け入れるのを支援する存在であると告げる。しかし結果としてライツはユニットの脱出に利用されたに過ぎず、フェニックスに関する話も記憶から消されてしまう。ユニットの言葉は真実なのか脱出のための方便だったかは明らかにされていない。

f:id:kotobuki_ya:20150602070117p:plain

バトルはレッドハルク対コロッサスとシング対ネイモア。サイトラックの力を全開にして異形の姿になるコロッサスが恐ろしい。
 f:id:kotobuki_ya:20150602070131p:plain
 
Uncanny X-Men by Kieron Gillen - Volume 3 (AVX)

Uncanny X-Men by Kieron Gillen - Volume 3 (AVX)

 

 

X-MEN: LEGACY #266~267

f:id:kotobuki_ya:20150602070146p:plain

学園を監視にきたファルコン、シーハルク、ムーンナイト等アベンジャーズ。監視だけのはずだったが結局のところ乱闘となってしまう。学園の生徒やアイアンマン(アーマーのみ)も加わり戦いは激化。ローグはシーハルクのパワーをコピーし、力と力のぶつかり合いを演じる。
両陣営とも代表的とは言い難いメンバー同士の戦いながらもそこが良い味を出してるとも言える。特にX-MEN側のミミックやフレンジー、チェンバー達。ミミックはこの直前のレガシー誌にて登場。フレンジーはレガシー誌で準レギュラー的な立ち位置を獲得。チェンバーはここから一年ほど前のエイジオブXというイベントで能力を取り戻していた。

f:id:kotobuki_ya:20150602070237p:plain 

f:id:kotobuki_ya:20150602070205p:plain f:id:kotobuki_ya:20150602070216p:plain

そしてキャラものマグを使うファルコンが可愛い。

f:id:kotobuki_ya:20150602070323p:plain

 

Avengers vs. X-Men: X-Men Legacy

Avengers vs. X-Men: X-Men Legacy

 

  

アベンジャーズ編は後日公開の予定です。→公開しました。

koto-bukiya.hatenablog.com

 

スポンサーリンク